JAZZ&BAR COLTRANE

Live

2015.9.24 (木)SOLDOUT

堂地誠人(Sx)高井ひろみ(Pf)長谷川晃(Eb)斎藤洋平(Dr)

Time:1st 20:00~20:45 2st 21:00~21:45

Charge:3,500 (w/1 drink)

堂地誠人
堂地誠人(どうちまこと)
大阪府出身。中学でSAXと出会いStudent Jazz Festival では最優秀ソリスト賞を受賞。高校卒業後渡米。帰国後は東原力哉クインテット等多数のバンドを経て、人力でハウス・テクノを演奏するA Hundred Birdsではフジロックやライジングサンなどに多数出演。最近の活動としては自己の堂地誠人グ ループのほか、2014年にはGReeeeNのレコーディングに参加、ホーンアレンジも担当。2015年にはノエル・ギャラガー(元オアシス)・ジャパ ン・ツアー・大阪公演に参加。ブラックミュージックをバックボーンに持ちながらあらゆるジャンルと融合させ、時にはエフェクターを駆使する柔軟かつボーダレスなスタイルで関西・東京を中心に活躍している。大阪本町Mother Popcornで開催されている人気ジャムセッション『Funk Juice』主宰。

 

滋賀県草津市のJAZZ&BAR COLTRANE(ジャズバー コルトレーン)では不定期ライブイベントを開催中。2月22日は小柳 エリコ(Vo)高井 ひろみ(Pf) 矢野 克宏(Ba)が登場!

高井 ひろみ

京都市生まれ。

American Field Service 交換留学プログラムで16歳の時に渡米。

翌年Northeast Missouri State University(現在のTruman State University)に入学。

ピアノ科首席卒。

帰国後、ビッグバンドやサルサバンドを経て、

現在は京都を中心に関西のライブハウス、ホテル、ラウンジなどで活動している
長谷川晃

長谷川晃

幼少期に両親がクラシック好きでバイオリンを与えられたことから音楽に親しみ、その後中学でギターに転向、80年代中期の新旧雑多な音楽環境に感化され高校進学時にベースへと転向する。
大学進学時に京都へ移住。自力で基礎を習得し90年代半ばよりプロミュージシャンとしてのキャリアをスタートさせる。
ロック・ジャズ・クロスオーバー・モダンゴスペル・ブラジル・ポップス・アフリカンロックとそのプレイするジャンルは幅広く、現在、オリジナル・ジャズ・バンド”Vermilion Field”、アフリカの音楽をベースに独自の音楽を展開する”SAKAKI MANGO&LIMBA TRAIN SOUND SYSTEM”などのメンバーとして、また、関西屈指のゴスペルクワイア”Everlasting Joy”のレギュラーサポートをはじめ様々なシーンで活躍。2013末から、自身のオリジナルを中心とするユニット”Signal & Signaless”を始動。「School of Music Plan」(旧「AN Music School Kyoto」)講師。
ナラダ・マイケル・ウォルデン、桑名正博らを始め著名アーティストとの共演歴も多く、関西の音楽シーンを低音から支える。
斎藤洋平
[齋藤洋平]
島根県出身
中学高校時代より吹奏楽部にて打楽器を経験。
京都アンミュージックスクールにてDrumsを池長一美氏、坂東等氏に師事、アンサンブルを堀尾哲二氏、jazzアンサンブルを村上由美子氏、石橋敬一氏に師事、Congaを村田康夫氏に師事。
その後ロックバンドやラテンバンド等で活動。
同志社サードハードオーケストラに参加、山野ビッグバンドジャズコンテストに出場しスイングジャーナル賞を受賞。藤井貞泰氏に出会い御指導頂き共演もする。
2010年 高橋知道、大友孝彰らとニューオリンズフレンチクウォーターフェスティバルに出演。
現在他にMYMトリオ、京都コンポーザーズジャズオーケストラ、百万遍ブラザース。
トーティーシェル、エントロピーズ等のバンドで活動中。
ドラムショップアポロ講師
池本楽器講師
京都音楽普及大使

座席予約はこちらからお願いします。