JAZZ&BAR COLTRANE

Live

2019.7.5 (金)SOLDOUT

深尾多恵子(Vo)祖田修(Pf)荒玉哲郎(Ba)マーティー プレイシー(Dr)

Time:1st 19:00~20:00 2st 21:00~22:00

Charge:3,500 +1drink


■深尾多恵子(TAEKO)
1998年にニューヨークに渡りジャズと出会う。以降ニューヨークでの継続的な演奏活動を続けている。
2007年に全米デビューCD「One Love」を発表、邦人歌手には稀にみる高評を欧米で獲得する。
ブルーノート、レノックスラウンジ等ニューヨークの有名クラブや、米国各州のジャズフェスティバルへの出演を次々と果たす。
日本へも年に2度ライブツアーを組み、全国規模でライブを展開する。
1999年サテンドール神戸ジャズコンペティション(神戸市)グランプリ受賞、2008年ジャズモービル主催ジャズボーカルコンペティション(ニューヨーク市)ファイナリスト。

1984 年プロフェッショナルとして活動開始。
1988年 大阪芸術大学在学中にマサチューセッツ州立大学招待奨学生として渡米。
Dr. Billy Taylorにピアノを、Yusef Latief (Sax, Wood Winds) に、作曲・編曲、
Max Roach(drs)に、アンサンブルパフォーマンスを師事し、
同大学のJAZZ in JULY 88′ Workshopに参加する。
1990年 大阪芸術大学音楽工学専攻を卒業後、再渡米。
イリノイ州シカゴにおいてピアニストとして演奏活動を開始。
1990年 ルーズベルト大学シカゴ音楽院修士課程ピアノ専攻へ入学。
在学中に数々のコンペティションで上位入賞を果たす。
1992年 Clifford Jordan(sax) Quartet に参加。
1994年 ルーズベルト大学シカゴ音楽院修士課程卒業後、
ビル・マクファーランド&ザ・シカゴホーンズのアルバム、「ファイアー・ホーンズ」の
レコーディングに、ピアニスト/作曲家/プロデューサーとして参加。
同アルバムタイトル曲、「Fire Horns」、および、「MAHO’s Dream」の2作品を提供する。
1995年 Glenn Miller Orchestra に加入。
1997年 Osamu Soda Trioを結成し演奏活動を開始。
シカゴを拠点に、ニューヨーク、デトロイト、インディアナポリス、ミルウォーキー、
カンサスシティー、ミシガンシティー等において幅広い活動を展開すると同時に数々の
レコーディングに参加。
Freddie Hubbard quintetに参加。
1998年 日本帰国、祖田修ピアノトリオ、数々のサイドワークなど京阪神のライブハウス、
JAZZ CLUBで幅広い活動を展開。
2000年 祖田修 The Horns Projectを結成し、
オリジナル作品のみによる3管6人編成のアンサンブルミュージックの発表を開始。
2005年 ソロピアノアルバム「Fingermade」をリリース。
2007年 東原力哉The Rikiya Bandへピアニストとして加入。
2008年 ジャネットvoの3rd アルバム、「Reborn」に、キーボーディスト兼
ミュージカル・ディレクターとして参加。
2008年 Bobby Hebb vo & gt のジャパンツアーに、ピアニスト兼
ミュージカル・ディレクターとして参加。
2009年 Tiffany vo の4th アルバム、「Yesterday & Yesterdays (Eighty-Eight`sレーベル)に、
キーボーディストとして参加。
2010年 The Soulbleed へキーボーディストとして加入。
2012年 Zane Massey Quartet 日本ツアーに参加。
さらに、Zane Massey Soulbleed Orchestra による、
故Cal Massey 作曲、「Liberation Movement Suites」日本初演に参加。
2013年 Shun Kikuta Blues Projectへキーボーディストとして加入
2014年 Tomi Isobe Blues Project 日本ツアーへキーボーディストとして参加
以降、各地で幅広い演奏活動を展開している。
〔主な受賞歴〕
・1991 「シカゴ・タレントサーチコンペティション」第1位(Grand Prize)/アメリカ
・1992 「グレイス・ウェルシュ ピアノコンクール」第2位入賞/アメリカ
その他、企業への音楽講演、講義活動と、音楽教育に対しても精力的な活動を展開している。
荒玉哲郎
荒玉哲郎
【プロフィール】
87年 竹下清志氏のグループに参加しミッキー・ロウカーやオテロ・モリノウらと共演。
94年 単身渡米、帰国後は綾戸智絵をはじめ様々なレコーディングに参加。
05年 アルゼンチンを訪問し大統領官邸にて演奏会を行い好評を博す。
08年 ドイツ総領事の招待によりデュッセルドルフ等四カ所で演奏会を行う。
09年 全曲オリジナルのリーダーアルバム「REZA(ヘーザ)」を発表。
11年 ウラジオストク・ジャズ・フェスティバルに出演。
13年 なにわ藝術祭ジャズ大賞を受賞。
現在はジャズのみならずブラジル音楽やアルゼンチン音楽などのグループで活動する一方、
大阪芸術大学にて後進の育成にも力を注いでいる。

1966年 – 12歳。ドラムを始める。
1972年 – 18歳。アメリカにてプロデビュー。ジャッキー・ウィルソン[要曖昧さ回避]、ザ・シャイライツ、タイロン・デイビス等のドラマーとして全米ツアーに同行。
1973年 – U.S.AIRFORCEでの来日を機に日本滞在を決意。
1978年 – 日本でのプロデビュー。中原理恵、大橋純子等と行動を共にする。
1980年 – もんた&ブラザーズのメンバーとなる。

座席予約はこちらからお願いします。