JAZZ&BAR COLTRANE

Live

2019.12.14 (土)

Tommy(Tb)おーた かずお(Pf)衛藤修冶(Ba)冨永ちひろ(Ds) 

Time:1st 20:00~20:45 2st 21:00~21:45

Charge:3,000 + 1 drink

tommy

トロンボーン 作曲 編曲 バンドリーダー

兵庫県生まれ、京都市在住。13 歳でジャズに目覚め、クラリネット、サックス、そしてトロンボーンを始める。京都府立大学在学中にジャズ研究会を創設する。在学中からバンド活動を開始、 ジャンルを問わず、ライブやレコーディングなどの活動を続け、またボ・ガンポスのツアーに参加するなど、メジャー・アーチストのサポートも手がける。96年に「Duo Sonorosso」を結成、また同年に「お気楽Horns」結成。現在も活動中。99年より「A Hundred Birds」に参加。同年Duo Sonorossoの「Conversa」をリリース。04年、BalladManiA「No More Doubt」リリース。07 年12月、ニューヨークにてジョージ・ケイブルス、バーナード・パーディーらとレコーディングした「Five Spot after Dark ~Tommy in New York」をMOJO RECORDSよりリリース。スイング・ジャーナルのゴールド・ディスクに選定される。08年、スイング・ジャーナル主催第58回日本人ジャズメン読者人気投票トロンボーン部門において第7位にランクイン。08年10月、イタリアはローマでレコーディングした「One Way To Rome」をリリース。10年12月、初の国内録音、サードアルバム「Like a Jellyfish」をリリース。13年12月、「Aquarium in My Heart」をリリース。2013年 7月南郷サマージャズフェスティバルに出演


おーた かずお 
自称泣く子も笑う全方向全天候型ピアニスト。
幼少のころより音楽とピアノに親しむが、思春期の頃気がついたら勝手にジャズのようなものを弾いていた。以来ピアノと戯れているうちに大人の階段を踏み外す。以後、さまざまな出会いを経て現在音楽人。
ジャズをベースにブラジル音楽やゴスペルに根ざした、繊細さとダイナミズム、リリシズムとユーモアを兼ね備えたスタイルを持ち味に、音楽の楽しさを表現することを目指している。
2014年よりコミュニティーFMで番組のパーソナリティーも務めている。

 

 衛藤 修治(Ba)
衛藤 修治(Ba)
福岡県出身。大学で軽音楽部(ジャズ系)に入りウッドベースを始める。
在学中に井上智グループでプロとして演奏活動を始め宮哲之4、山中良之4等に参加。
91年ニューヨークに渡り本場のジャズを身をもって体験する。
96年早間美紀トリオで横浜ジャズプロムナードのコンペティションにおいて大賞を受賞。
97年には関西屈指のギタリスト寺井豊の初リーダーアルバム『Old&New』に参加する。
現在京都を拠点に関西一円で活動中。
富永ちひろ1
冨永ちひろ
プロフィール
10才でドラムと出会い、中学高校と吹奏楽部でパーカッション担当。
吹奏楽コンクール全国大会出場。普門館にて3連連続金賞受賞。
大学時代にジャズを始める。
在学中、山野BigBandJazzContestにて審査員特別賞受賞。
卒業後プロ活動を開始、ジャズ、ファンク、クラブ・ミュージックなど、
様々なジャンルのライブ、レコーディング、ツアーに参加。
2012年に、DVD「ゼッタイ叩ける!ジャズ・ドラム超入門」をリリース。
2015年には、Dave Sinclairのツアーに同行。ビルボード東京にてクラムボンと共演。

座席予約はこちらからお願いします。