JAZZ&BAR COLTRANE

Live

2017.12.12 (火)のライブ詳細情報

2017.12.12 (火)

「Xanadu」奥本みぐみ(Vo Pf)広瀬未来(Tp)藤吉悠(As)BJ笹井克彦(Ba)橋本現輝(Ds)

Time:1st 20:00~20:45 2st 21:00~21:45

Charge:4,000 (w/1 drink)

奥本めぐみ
奥本めぐみ
1月12日生まれ。B型。神戸市生まれ。
3歳からピアノを始め、中学~高校は吹奏学部に所属しトロンボーンを吹く。一時はトロンボーンで音大を志すも、思うところあり高3で理系に転向、大阪府立大学大学院・理学研究科にて構造有機化学を専攻、理学修士を得る。卒業後、某電器メーカーにて携帯電話用、及びハイブリッドカー搭載用のリチウム2次電池の開発に携わる。
1995年1月17日、地元神戸で阪神淡路大震災に遭い、親友を亡くしたことに大きな影響を受け、再び音楽を志す。京都のAN Music School ヴォーカル科にて亀淵由香氏らに師事、特待生で修了すると同時に、京都で演奏家としての活動を開始、ピアノ弾き語りのスタイルで、自己のユニットを中心に活動。以後、大阪に拠点を移し、自己のユニット【heat elements】【SONIC LOGIC】【奥本めぐみTreasure Ship】など、主にJazz-Funk~Gospel~POPS系のユニットを立ち上げて精力的に活動、2010Minami Wheelにも出演。
また【関西Jazz-Funk Session】をBJ笹井克彦(indigo jam unit)らと主宰し、以降も自己名義のセッションを立ち上げるなど、関西Jazz-Funk系音楽の普及にも精力的に携わる。
2009年、NYCに単身留学、現地のR&B~Soul系音楽の中心的会場に出演、スタンディングオベーションを得る。
2011年、神戸Jazz Vocal Queenコンテストにて、ジャズボーカルとしては門外漢ながら初挑戦で予選突破。準グランプリを獲得。ジャズ業界では全く知られない存在だっただけに、ジャズ関係者、リスナーを驚かせる。
2012年3月、中路英明OBATALA SEGUNDOにボーカリストとしては初めてゲスト出演。夏のCD発売ツアーにも参加し好評を博すなど、多様なスタイルで活動中。
2009年 オリジナルフルアルバム【Bloom】を全国発売。
タニア・マリアを彷彿とさせる強烈なテクニックとパワーと同時に深い叙情性を持ち合わせた驚くべき存在感と表現力は、聴く人の魂を震わせ、深い感動とスケール感で包み込む。ソウル溢れる、いつも高いポテンシャルのライブが身上。

広瀬未来
広瀬未来
1984年生まれ。中学入学と同時にトランペットを始める。トランペットを嶋本高之氏に師事。在学時には、[Jazz For Kids]において、渡辺貞夫と共演、そして「2000年関東スチューデントジャズフェスティバル」では、個人賞を受賞する。また、バークリー音楽院の奨学金試験において、$10000の奨学金を手にする。 高校卒業後は関西のライブハウスを中心に、自己のグループや、ベーシスト宮本直介のバンド、[Naosuke's Hip Bop]などで活動する。そして2002年、中山正治ジャズ大賞を受賞。同時に、なにわ芸術祭新人奨励賞も受賞。同時期に、DJ TANINAKA, DJ Ful, MC D-sk, からなるHip Hop Group [blue CONTROL]にも参加。その他、Global Jazz Orchestra にも参加する。2003年10月New Yorkに渡る。New York では、Wes”Warm Daddy” Anderson, Donald Edwards, Neal Smith, Jareel Shaw, 塩田哲嗣、百々徹、早間美紀などと共演。Pops Singerの Andy Guthrieのレコーディングにも参加する。 2005年、Naosuke’s Hip BopでCD[Love Standards]をリリース。塩田哲嗣率いるSFKUaNK!!のレコーディングにも参加する。2006年は日本で活動し、名古屋、東京方面でも活躍する。

藤吉悠
藤吉悠
大阪音楽大学Jazz科で土岐英史氏に師事。
在学中より演奏活動しプロに転向。国内外のミュージシャンのライブ、レコーディングに参加。
関西を中心にオールジャンルで活動中。

笹井克彦
BJ笹井克彦
1976年大阪生まれ。B型。
15歳で初めての楽器・シンセサイザーと出会い、DTMを始める。
16歳でベースに憧れ楽器転向する。Teens Musicフェスティバルにて「Best Bassist賞」受賞。
19歳で大阪を拠点にプロ活動開始。
ヤマハや甲陽音楽学院の講師を務めながら活動の幅を広げる。
2009年には拠点を東京にも拡大し、Arranger・Track Makerとしても活躍する。エレキベースはもちろんコントラバスでもバンドに参加。

橋本現輝
橋本現輝
1987年生まれ。兵庫県出身。6歳でドラムセットを叩き始める。10代にはバンドに参画し、ロックやファンク、R&Bなど多彩なジャンルをプレイ。20代の頃にジャズと出会ったあとは、その深遠な世界に魅せられ、芳香を放つプレイに没頭する。現在、日本で初となるBosphorusシンバルのエンドーサー。オールラウンド・プレイヤーとして、国内外の多くのミュージシャンと共演している。音楽性も地域も幅広く活躍中。2012年に自身のバンド、“BRILLIANT JAZZ MACHINE”を結成し2014年7月、デビューアルバム「BRILLIANT JAZZ MACHINE」をリリース。

座席予約はこちらからお願いします。